適用例 自動車分野

自動車分野での音響解析には、通常、連成無しの音響解析が使用されます。表面上の振動データは、前もって行なわれた構造的な有限要素解析や実験から求められます。

内装キャビティの問題に対しては、音場は多くの振動平面から合成されます。着目する特定の場所(例えばドライバの耳)での音圧は、各振動平面から合成計算されます。つまり、複雑な平面内で音圧が合成されて、その結果音圧が求められることになります。結果の音圧に対して正あるいは負の影響を持つ平面は、音源あるいは吸収源になります。吸収源における振動の減衰は、実際にはその問題をより悪化させます。



応用分野


エアーインレット ユニットからの放射